はじめての方は

おすすめガールズバー:千歳烏山・笹塚・幡ヶ谷のガールズバークレヨン

まず、ガールズバーにまだ行ったことの無い人のために、ガールズバーとキャバクラとの違いをお話しましょう。

若くきれいな女性と楽しく会話をしながらお酒を楽しむ・・・!!
男性にとってはとても喜ばしいことではないでしょうか?女性と楽しくお話が出来る場として最近主流なのはキャバクラとガールズバーがあげられますが、 いったいその2つはどういった違いがあるのでしょうか?

まずはキャバクラですが、通称キャバ嬢と呼ばれる女性が客席について接待をおこなう風俗営業のことを言います。
料金はわかりやすく時間制でのセット料金で、その他指名料や女の子の飲むドリンク代、サービス料、同伴・アフター料金なども発生する場合もあります。
相手にいい気分でお酒を飲ませるなどの感情労働が求められ、女性はドレスをきたり髪型を派手にセットしたりなどクラブの高級感を売りにした営業形式をとります。

また風俗営業法の関係上深夜1時には営業を終了しなければなりません。 そのため最近では昼キャバというお昼に営業を行うお店もあります。
一方ガールズバーですが、お酒を提供するバーテンダーが女性中心のショットバーで、カウンターを挟んで接客対応を行います。
料金はその店によってチャージが発生する店、飲み放題のお店など様々ですが、3000~4000円/1h程度の低価格設定で、女性はカジュアルな格好をしています。

飲食店として分類されますので営業時間の制約は少ないのも特徴です。 あくまで女性はバーテンダーであるため一般的には指名や同伴、アフターなどもシステム上にはありません。
どちらも女性がいて、会話を楽しむという上では大差があまりないようにも思えますが、 キャバクラは「接待」を目的とした風俗営業店、ガールズバーは「接客」がメインの飲食店です。
あくまで飲食店ですので料金もキャバクラよりは比較的安く、働く女性もより身近な存在ですので近年ガールズバー人気が高まっているとも言えますが、 風俗営業法の取り締まりが厳しくなったことで、営業時間に規制が少なく遅い時間まで営業できるガールズバーがより多く展開されているのも事実です。
しかし営業時間が比較的遅くとも、私の地元である千歳烏山のガールズバーでアルバイトしている女性は若い女性が多い様子です。
ガールズバーは女性のアルバイト先としても人気があるようです。